© 2018 Yasutaka Yoshimura Laboratory

理工展2019にてモバイルハウス《CROSS WAVE HUT》を展示しています

2019/11/02


2019年11月2, 3日に行われる理工展におきまして、吉村研究室は軽トラックの荷台に載せるモバイルハウス"CROSS WAVE HUT"を展示しております。
実際に中に入ってインテリアの様子を体験していただけるほか、研究テーマをまとめたハンドアウトの配布や参考書籍の展示も行っておりますので、近くへお越しの際はぜひ足をお運びください。

 

 



●展示詳細
早稲田大学・吉村靖孝研究室《CROSS WAVE HUT》展示(新宿区・11/2-11/3)

会期:2019年11月2日(土)10-17時、11月3日(日)10-16時
会場:早稲田大学西早稲田キャンパス 55号館1階アトリウム
   (〒169-8555 新宿区大久保3-4-1)
入場料:無料
お問い合わせ:0920yuusuke@gmail.com(担当:江尻)
関連イベント:理工展2019

●展示内容
吉村靖孝研究室では、「半動産建築研究」と称し、モバイルハウスやコンテナ建築など土地への定着の度合いが弱い建築や、シェアハウス等の所有の感覚が薄い建築について研究しています。
その中でも、車輪が付いた動く家や軽トラックの荷台に載る小さな家などのモバイルハウスは、日本でも2010年頃から高い関心を集めています。これらは、人々のライフスタイルや所有の感覚の変化など社会的な状況を反映し、住宅の新しいあり方を示唆しているとも考えられます。
今回は、構造材としてポリカ波板を用いた軽量なモバイルハウス《CROSS WAVE HUT》を展示し、モバイルハウスの持つ可能性について考える場を提供します。 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

Featured

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

Latest

Please reload

Archive

Please reload

Tags

Please reload

  • ホワイトTwitterのアイコン
  • White Facebook Icon
  • White Instagram Icon
  • ホワイトGoogleプレイスのアイコン