Rikoten 2019

吉村靖孝研究室では、「半動産建築研究」と称し、モバイルハウスやコンテナ建築など土地への定着の度合いが弱い建築や、シェアハウス等の所有の感覚が薄い建築について研究しています。

 

その中でも、車輪が付いた動く家や軽トラックの荷台に載る小さな家などのモバイルハウスは、日本でも2010年頃から高い関心を集めています。これらは、人々のライフスタイルや所有の感覚の変化など社会的な状況を反映し、住宅の新しいあり方を示唆しているとも考えられます。

 

今回は、構造材としてポリカ波板を用いた軽量なモバイルハウス《CROSS WAVE HUT》を展示し、モバイルハウスの持つ可能性について考える場を提供します。

I'm a paragraph. Click here to add your own text and edit me. It’s easy. Just click “Edit Text” or double click me to add your own content and make changes to the font. Feel free to drag and drop me anywhere you like on your page. I’m a great place for you to tell a story and let your users know a little more about you.

© 2021 Yasutaka Yoshimura Laboratory

  • ホワイトTwitterのアイコン
  • White Facebook Icon
  • White Instagram Icon
  • ホワイトGoogleプレイスのアイコン